先日、夫のお友達2人がフランスへ帰国しました。昨年の夏からワーキングホリデーで日本に滞在。彼らが日本に来てすぐの頃に出会って、2か月半くらい私もちょくちょく一緒に遊ばせてもらって、その後彼らは移動しながら日本旅行へ。でも帰国する前に私たちの住む街へ寄ってくれたんです。なんて嬉しい😩✨
My husband’s friends went back to France the other day. They stayed in Japan for a year since last summer holding a working holiday visa. We first met them soon after they came to Japan. I sometimes hung out together with them; eventually they left the city we live for a trip in Japan. However, they stopped by our city before they left Japan. That’s very kind of them 😩✨

彼らに出会って初めて一緒にマックでランチをした時、男3人が4~5時間喋り続けていてびっくりしたことが懐かしい。
I remember when we first met and had lunch at McDonald’s, and I was surprised that three men kept talking for 4 or 5 hours.

あれからもう1年が経つのね~ (遠い目)
フランスの方々はほんとみんなお喋りです。
It’s been a year already. (faraway look)
French talk a lot.

今回も例のごとく、居酒屋で話に花が咲きました。
1年住んでみて日本はどうだったか?という話をしていたので、ちょっと思い切って夫を含め彼らに聞いてみることに。
Without exception, we had a nice chat at Izakaya. Since we were talking about how they spent time in Japan, I dared to ask them and my husband a question.

「何か嫌な思いとか、差別って感じたことあった?」
“Have you felt something uncomfortable or offended during your stay?”



1.黒人はアメリカ人かアフリカ人だと思われている
1. Some Japanese people think black people are American or African.

「う~ん。特になかったよ。あ、でも1つだけある。俺黒人じゃん?どこから来たんですか?って聞かれて、フランスですって答えたら、多くの日本人は、え?あ…、フランス…?そうなの…?みたいな感じになるんだよね。それがなんか変な感じがするというか…何回かそういうことがあった。」
“Well, nothing special. Ah! I have one thing. As you can see, I’m black. When Japanese people asked me where I came from and I answered that I’m from France, most people react like “Ah yeah..? France..? Are you?
That made me feel uncomfortable…That happened several times.” 

私たち日本人は、外の世界をあまり知らない人が多いのかもしれません。日本は島国で単一民族国家なので、街を歩いていて外国人を見かけると、まだまだ珍しい気がするけど、世界には一つの国に色んな人種の人々が住んでいる国はたくさんあります。肌の色で何人という概念は捨てるべき。
We Japanese may not know much about the world overseas. Of course, not everyone though. Since we are an island nation and racially homogeneous, it’s still rare to see people from other countries. But in the world, there are so many multicultural countries where people live together. You shouldn’t judge someone based on their skin color.

私も留学した時に、アジア人はみんな中国人だと思われていたことに、いい気はしませんでした。やっぱりみんなアイデンティティーはありますもんね。
彼は、「日本人はたぶん知らないだけっていう事が分かったから、特に気にしてないよ~」と言っていました。
For my part, when I stayed abroad, I also heard “All Asians are Chinese anyway” and didn’t feel good about that as well. Everyone has their own identity, right.
Anyway, he told me it’s ok because now he knows that it happened because Japanese don’t know well.


2.じろじろ見られる
2. Being stared at.

さっきの話でもあったように、日本では外国人はまだ珍しいので、見てしまうんだろうと思います。日本人からすると決して差別的な目で見ているわけではなく、目立つものは興味をそそられて見てしまう。
As I mentioned above, we tend to look at them since it’s still rare here in Japan to see people from other countries. From a Japanese point of view, we’re not looking at them with discriminatory eyes, but we do that because they stand out and it intrigues us.

でも、中にはそれを差別だと感じる外国人がいるのは事実。人にずっとじろじろ見られるのはいい気しないですよね。こういうことは日本に限らず他の国でもあることはあるけど、断然少ないよね~というのが私たちの意見でした。
But it’s true that some people feel it discrimination. No one likes being stared at, right? This kind of things can happen everywhere in the world, but much less, in our opinion.


3.電車で自分の隣の席は避けられる
3.People hesitate sitting next to me in the train

夫曰く、外国人の間ではあるあるだそうです。こういうことが起きる原因を考えてみました。
According to my husband, this is a common thing among foreigners living in Japan. I tried to think the reason why it happens.

日本人独特の恥ずかしさ、ソーシャルディスタンス
Shyness particular to Japanese, and social distance.
相手が外国人であろうが日本人であろうが、日本人は知らない人との距離は遠い気がします。隣の席の人や運転手さん、レストランのウェイターさんなど、初めて会う人にはなかなか気軽に話しかけられません。行きつけのバーや八百屋さんなど、顔見知りになれば世間話もできるようになるんじゃないかな。
We take long distance with someone we don’t know whether it’s a foreigner or Japanese. We can’t start talking casually to the new people, like who are sitting next, bus driver, waiter at the restaurant etc. Most people start talking casually after you get acquainted with the people at your favorite bar or greengrocer’s etc.

ある国では、道を歩いていて目が合うと”Hello”と挨拶をしてくれたり、バスで隣り合わせになったおばさまが話しかけてくれて、乗車中お喋りをしたことがあったり、カフェの店員さんも、挨拶に付け加えて何か会話をしてくれる人が多かったので、フレンドリーだなぁ~、日本人とは違うな~と思ったものです。
In a certain country, some people said hello when my eyes meet theirs in the street, and the lady talked to me and had a chat during the ride in the bus. And many of waiters at café talked something in addition to greetings, so I thought people there were friendly and different from Japanese.

ほとんどの日本人は、知らない人の隣には座るのは心地よく感じないんじゃないかと。じゃあなんで特に外国人の隣が空くことになるのか?それは次のこと↓が言えると思います。
I think most Japanese feel uncomfortable when we sit next to the people we don’t know. Then why are the seats next to especially foreigners vacant?? I think we can say that below↓

英語で話しかけられるのではないかという不安
Anxiety of being talked in English
日本人に対して苦手意識を持っている人が多く、また、自分がうまく英語を喋れないというシチュエーションに、過度の緊張や恥ずかしさを感じたりするんですよね~。だから、恥ずかしい思いをしないように、外国人に英語で話しかけられないように、避けるという行動に出ることがあるのではと推測しております。
Most Japanese people tend to have a feeling of being not good at English, and also get nervous and feel embarrassed in the situation they can’t speak English well. That’s why we try to avoid the situation for not being talked in English, I guess.  


4.日本語で話しかけても英語で返される
4.Japanese reply in English even if I speak to them in Japanese.

これは、日本人はかわいいなと思った件。夫は、例えばスーパーなどで店員さんに品物がどこにあるのか日本語で質問した時、店員さんが焦りながら頑張って英語で説明しようとしてくれたらしいです。夫が更に日本語で話をしても、また英語で話そうと頑張る。
 This is the case that I thought Japanese are cute. For example, when my husband asked the clerk at supermarket where the product is, the clerk was agitated and tried to explain in English somehow. Even he talked to her in Japanese again, she tried hard to speak in English.

なぜか「英語で喋らなきゃ💦」という思いになってしまうんですよね~!これは、「助けてあげたい」という優しさの心と、日本人じゃない=外国人=英語話さなきゃ💦という焦りからきているものだと私は分析しております☺
Somehow, we think ”Oh I HAVE TO speak in English💦”. I analyze that this comes from the kindness of “I want to help you”, and the impatience of “He is not Japanese=Foreigner=I have to speak in English💦”.

練習のために日本語を使いたい人もたくさんいるようなので(特に日本語や日本文化を勉強しに日本へ来ている人)、相手が日本語で話しかけてきたら日本語で返してあげると喜ばれるかもしれません☺
 Since some people seem to want to use Japanese for practice, especially people who came to Japan for studying Japanese, they may be pleased if you reply to them in Japanese when they speak to you in Japanese

彼らは日本に来て初めの頃は、日本人のこういった行動に戸惑ったり、ちょっぴり嫌な思いをするようだけど、外国人のコミュニティーや日本人の友達から経験や意見を聞いたり、滞在期間が長くなると、差別的なものではないという事が分かってくるようです。
They are confused or feel uncomfortable with this when they first came to Japan, however the longer they stay, they seem to get to know that this is not discriminatory things by hearing experience and opinions from the Internet and Japanese friends.

お互いにとって「誤解」はとても悲しいもの。やっぱり「知ること」が大事です。旅行や留学は、現地に直接行って、見て、聞いて、体験して、「知る」経験ができるので、とてもいい勉強だと思います。友達2人もこの1年、日本をたくさん知ることができたようです☺
Misunderstanding is sad to each other. After all, “knowing” is important.
I’m sure that travelling or studying abroad are good opportunities to learn many things for your life because you will know and learn by seeing with your own eyes, hearing and having experiences.
Our friends seemed to have learned a lot about Japan over this year☺





0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です