多くの人にとって、生まれ育った国の食べ物、食事は喜びと満足をもたらしてくれます。私も洋食や中華など他の国の料理は大好きだけど、1日に1度は和食が食べたくなる。
うちの夫も例にもれず、フレンチを欲しています。
けどここは日本。どんな問題があるのか?そしてどうやって夫の食欲を満たしているのか?ご紹介したいと思います。
For many people, the food from your country you’ve grown up brings you happiness and satisfaction. I like international cuisine such as western food, Chinese food, but I want to eat Japanese food at least once a day. My husband is also no exception, he wants French food. But here is Japan. I’d like to talk about what is inconvenient, and how I satisfy my husband ‘s appetite.



フランス人夫が日本の生活で困っていること。
そう。「バゲット、チーズ、バター問題」である。
The things my French husband is having trouble with in his life in Japan is
“Baguette, Cheese, Butter”.

フランスでは、この3つの食べ物はなくてはならない物のようで。
とにかくこの3つが気軽にすぐ買えないし高いしで若干ストレスを感じているようです。
そんな大げさな~。全然食べられないわけじゃなくて、たまに食べれてるやん?
って思っていたけど、日本で言ったら「お米、納豆、しょうゆ」みたいな感じかな?と想像してみたら、、、、、
According to him, these are indispensable food for the French people. He is a little stressed that these are expensive and hard to get. I was like “He’s exaggerating. It’s not like we don’t eat at all, but we eat them occasionally, right?” But, I tried to imagine what it’s like for Japanese. Maybe Rice, Natto, Soy sauce?


これはいかん。なんとかしないとかわいそう。
Oh no, we have to do something.

ということで考え始めた私。
So, I started thinking to solve these problems.


頻繁に食べるバゲットは、安く手に入れて美味しくするべし
Buy cheap baguettes and make it delicious by yourself


私達は日本でも割と大きな街に住んでいます。市の中心部まで車でいうと15分くらいの距離にある場所に住んでいるのですが、家の近くにバゲットを売っているパン屋さんがない。欲しければ電車やバスに乗らないといけないないのです。
We live in a relatively big city in Japan, and our apartment is 15minutes away from city center by a car, but there is no bakery selling Baguette in our neighborhood. We have to take a bus or train.

たまにならいいけど、夫曰く「バゲットは空気みたいな物」らしく、本音は朝、昼、夜、毎日でも食べたいらしい…。
主食がお米や麺の時でもバゲットを食べるのはうちの夫だけ??
It doesn’t matter if it’s occasional thing, but my husband says that baguette is like air, and he honestly wants to eat it at the breakfast, lunch, dinner every day…. 
Is it only my husband who eats baguette at the same time even when we have rice or noodles?

まぁとにかく、ゲットするにも時間がかかるし、何といっても300円するバゲットを毎日買ってたら1か月で9300円やんけー!交通費も入れたらバゲット1本ゲットするのに700円やんけー!家計が崩壊するので、毎日食べるのは諦めてもらっています。
パン屋さんの美味しいバゲットは出かけた時にたま~に買って、あとはどうしているかと言うと、、
Anyway, it takes time to get and if we buy 300 yen baguette every day, it costs 9300 yen a month! It costs 700 yen to get one baguette if you include transportation expenses!!My husband is given up to eat it every day because our household budget will collapse.
We buy good one at the bakery when we go out, and what we usually do is,

スーパーのパンコーナーで売っている袋入りの工場で大量生産された美味しいとは言えないバゲットを、美味しく甦らせて食しています🍞
We buy industrial mass-produced bread packed in a plastic bag at a supermarket, and we revive it deliciously.

「安いバゲットや日にちの経ったバゲットを美味しくする方法」
How to make cheap or old baguette crispy and soft again.

あら簡単。霧吹きもしくは濡らした手でパンの表面に水分を少し与え、オーブンで190度9分くらい温めれば、スーパーのバゲットでも外はカリッ、中はふわっの焼きたてに近いバゲットが出来上がる!
It’s easy. Moisten the surface of the baguette with a spray or wet hand, and bake it in the oven at 190℃ for about 9 minutes. You can get a baguette close to freshly baked witch has crispy on the surface, soft inside even it’s from supermarket.

一件落着。
Problem solved.


特別な日には本物のチーズを
Real French cheese on a special occasion.


バゲットほど毎日食べないらしいけど、食事とデザートの間に「チーズタイム」の文化があるフランス人にとって、あれば喜ぶ品。
日本ではそこら辺のスーパーではフランス人の認めるチーズは置いていない事が多い。ちょっと高めのお洒落なスーパーとでも言いましょうか、そういうスーパーには少し置いてある。(値段はフランスの3倍ぐらい)
よくあるプロセスチーズやナチュラルチーズ、スライスチーズなどは、「チーズじゃない」らしい。
He says it’s not something you eat every day, but it’s something pleases French people.
In japan, you don’t see good cheese that French people admit at the supermarket near you. There are some at the fancy supermarket. The price is three times that of France.
He says the cheese you see in Japan such as processed cheese, sliced cheese are not cheese.

Japan
France
France

チーズに関してはバゲットのように工夫ができないので、特別な日に奮発して楽しんでいます。ま、夫もそんなに頻繁に食べなくても大丈夫なようなので、彼の場合問題ではないのかも?
友人を招待したり招待されたりする時や、イベント事、お給料日など特別な日などに、フランス産チーズを買って楽しんでいます。
As for cheese, there is nothing we can do like baguette, so we spend money on French cheese on special occasions. Anyway, he seems ok even if he can’t eat it so often. Maybe it’s not a problem for him?
We enjoy cheese from France when we gather with our friends, on the payday, or other special events.  


バターの減りに注意するべし
Running out of butter


フランス人夫との生活では、バターの減りが早い。
夫が料理する時には必ずバターを使うし、フランス人が大好きな「デザート」を作った日には、びっくりするほど一気に無くなる。日本ではバターの値段はフランスの2倍くらいするので、こんなに早く減ってしまうと家計に大打撃。
代用となるマーガリンは体に毒だから食べたくないので、対策として、

なるべく私が料理をするようにする。

Butter runs out fast if you live with French. My husband uses it almost every time when he cooks, and on the day he makes dessert which is “French people’s favorite”, butter disappears at once. The price of butter in Japan is about twice that of France, so it strikes a heavy blow to the household budget. However, we don’t want to eat margarine which is dangerous to our health. So what I do is,

I cook as much as I can.

夫は日本食も大好きだし何でも食べるので、そんなに問題ではないのかも。たぶん。でももちろん和食ばかりだと飽きるので、洋食も作ります。
うちは大体和食6割、洋食4割ぐらいの割合。パスタ、グラタン、ハンバーグ、シチュー系、サンドイッチなど、そんなにバターは必要ではないし、夫もこのバランスに満足してくれています。
He likes Japanese food and eats anything, so not a big problem maybe. I think. But of course I often cook western food.
At home we have a ratio of 6:4 Japanese/Western meals. I cook such as Pasta, gratin, hamburger stake, stew things, sandwiches that don’t require a lot of butter, and my husband is happy with this balance.



と、まぁこんな感じで少々の物足りなさを感じながらも、フランス人夫は今日も日本で幸せに暮らしています☺
With a little frustration, French husband is living happily in Japan today









         


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です